KITOTETU BOX

KITOTETU BOXとは?

1.大きなすじかいBOX、日本一です

鋼板を素材につくられたKITOTETU BOXは柱、梁、土台間 に取り付け、筋交い、耐震金具に変わる木造軸組工法の強力な補強材です。構造面材と同じ役割も行います。

2.鉄のねばりが支えます。耐えます

木材は圧力を加えることにより、折れたり、割れたりします。 しかし、鉄は、
破断することなく粘る性質があります。木が支え、鉄が粘る、二つの素材の持
ち味を、あわせて活かす、これがKITOTETU BOX です。

3.真壁におさまり、壁倍率5倍を実現

厚さ50mmのKITOTETU BOX は、内側から釘またはビスで止めて取付をします。柱と柱の間にすっぽりとおさまり、真壁仕上げも用意。
しかも壁倍率5倍の耐力を維持。

4.リサイクル率99.9%

厚さ50mmのKITOTETU BOX は、内側から釘またはビスで止めて取付をします。柱と柱の間にすっぽりとおさまり、真壁仕上げも用意。
しかも壁倍率5倍の耐力を維持。

KITOTETU BOXの使い方

1枚のパネルで高い耐力が得られるので色々なアイデアで使用方法が考えられます。

1.筋交い金物として

筋交い金物と木を省略できます。

2.構造用面材として

1枚で壁倍率5倍、壁倍率3倍(国土 交通大臣認定取得)

3.リフォーム用耐震金物として

内壁の筋交いの上から補強

4.断熱材付耐震補強金物として

リフォーム時に断熱材も一緒に取り付け、断熱性能と耐震性能のアップ!!

5.防火耐震補強金物として

1.2mmの鋼板のため火抜けが少なく、合板のように燃えて火を通さない。
ファイヤーストップ!!

6.外断熱用パネルとして

これからは断熱性能の時代、KITOTETU BOXで新築住宅を簡単に外断熱施工。その上耐震性能もアップ!!

KITOTETU紹介Movie

KITOTETUパネル概要

耐震実験動画

壁耐力試験

耐壁力実験で、その強度が証明され、
国土交通大臣認定を取得しました。

国土交通大臣認定書「壁耐力」
国住指第3184号・H17年4月13日

KITOTETU BOXは木造軸組工法の耐力壁金物として、独自の発想から開発した新商品です。従来の筋交いや耐震金物に比べて耐震性能を飛躍的に向上、施工も容易なためローコスト化をはかり、リサイクルも可能など、数多くのメリットがあります。耐震性能は壁耐力実験の結果、壁倍率5倍を確保し、国土交通大臣認定を受けています。

財団法人日本住宅木材技術センター試験研究所構造試験室(東京都江東区南砂町)でおこなわれたKITOTETUパネル 面内せん断試験。 左右に圧力をかけ、壁耐力を測定。

KITOTETU BOXで 断熱耐震リフォーム
耐震性能大幅アップ! 部屋の中からカンタン断熱

リフォームでも威力を発揮するのがKITOTETU BOX 。内壁を撤去し、柱、梁、土台間に設置すれば、耐震性能の大幅な向上をはかることができる、 すぐれた耐震補強材です。それぞれの仕上がり寸法にあわせて、加工できます。また工場での加工段階で断熱材の 取付も可能です。 施工も簡単、スピーディ。

【KITOTETU仕上がり寸法】厚さ/50mm、左右幅/W910mm用・W455mm用、高さ/H=2,850~530mm
KITOTETU BOXは、パネルの内側から150mmピッチで釘(CN75)を打ち込みます(壁耐力5倍)。ピッチを450mmにすると、壁耐力は3倍になります。